ビタミンCの抗酸化作用はアンチエイジングにもつながる

ビタミンCの抗酸化作用はアンチエイジングにもつながる

美肌のためにビタミンCを摂っている人も多いと思います。ビタミンCはシミやソバカス、紫外線による肌のくすみに効果的と言われています。

 

多くの美白スキンケアにも含まれており、美肌を目指すならビタミンCを高い効果で効率的に取り入れたいですね。

 

ビタミンCの効果:シミやソバカス、くすみの無い美肌のためには、美白は欠かせません。ビタミンCには、メラニンが生成されるのを阻害する作用や、できてしまったメラニン色素を薄くする作用があります。 またニキビ対しても抗酸化作用と消炎(炎症を抑える)作用で、効果があります。ニキビと言えばアクネ菌が毛穴で悪さをしてできるものですが、それには皮脂が酸化してできる副産物が関わっているのです。

 

この酸化作用を抑えるのが、ビタミンCの抗酸化作用です。これはアンチエイジングにもつながっています。お肌が酸化して年齢肌になってしまう大きな原因が、紫外線の照射によってお肌に発生する活性酸素です。ビタミンCは強い抗酸化作用により、この活性酸素をやっつけてくれるのです。ビタミンCには、美白、ニキビ予防、アンチエイジング等の効果があることが分かりました。

 

ビタミンCを効率的に取り入れる方法:ビタミンCを肌に取り入れる経路は、肌表面からと肌内部からの二通りです。

 

肌表面からビタミンCを取り入れる場合は、より肌に入りやすい形になったビタミンC誘導体配合のスキンケアを使いましょう。

 

 

ビタミンC自身は空気に触れると酸化したり変性してしまうため、肌の中でビタミンCに変わるビタミンC誘導体が良いのです。肌の内部からビタミンCを摂るなら、フルーツや野菜が一番です。サプリメントやアスコルビン酸原末などで手軽に飲むのも良いでしょう。またナッツなどが含むビタミンEと同時に摂ることで、ビタミンCの働きが長く続くようです。

 

 

ビタミンC摂取の注意:ビタミンCは摂りすぎても副作用が出ることはほぼありません。過剰な分ンは尿中から排出され、多少尿の色が濃くなる程度です。また強い紫外線に当たる前には、ビタミンCは摂らないほうが良いとされています。肌表面で紫外線と反応し、逆にシミの原因になったりするようです。